読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lift入門

scalaをいじってみたけど、実際に何か作ってみないとよくわからんので、
Twitterfoursquareも使っているというliftに入門してみた。

liftとは


めんどいので飛ばします


http://codezine.jp/article/detail/4310?p=2

環境


java, scala, maven のインストールは各サイト参照

プロジェクトの作成


ここからが本番です。以下を実行。

mvn archetype:generate -U \
-DarchetypeGroupId=net.liftweb \
-DarchetypeArtifactId=lift-archetype-basic \
-DarchetypeVersion=1.1-M8 \
-DarchetypeRepository=http://scala-tools.org/repo-releases \
-DremoteRepositories=http://scala-tools.org/repo-releases \
-DgroupId=demo.helloworld \
-DartifactId=helloworld \
-Dversion=1.0


archetype:create とご説明している方もいらっしゃいますが、現在は generate になっているみたい。
DarchetypeVersion は1.0だとサーバー起動後にアクセスエラーになりました。(scalaのバージョンが悪かったのかな?)


【2010/05/17 追記 >>】
http://scala-tools.org/repo-releases/net/liftweb に、
Archetypeごとのリポジトリがあるので、バージョンを随時チェック。
現時点の最新は 2.0-M5。
【<< 2010/05/17 追記】


んで

cd helloworld

mvn jetty:run

...

[INFO] Started Jetty Server
[INFO] Starting scanner at interval of 5 seconds.


と実行して、http://localhost:8080/ にアクセスすると以下の画面が表示されます。
(初回起動時は結構時間がかかります)



起動ポートを変えたい場合は、

mvn jetty:run -Djetty.port=80


ってやればおk。


基本的な導入自体はすごく簡単だけど、やっぱり気をつけなくちゃいけないのが、
言語とフレームワークのバージョン。rails もなんか怪しいときあったし。


もっと実例が増えることに期待。